職務履歴書の中の「退職理由」を考えるときの、注意点を紹介します。

自己分析とアピールが大切!職務経歴書

人気のこの話、このサイトが手軽で便利です

    経歴書の退職理由

    職務経歴書を作成する上で1番注意しなければならないのは、「退職理由」です。面接を受ける時にも必ず退職理由を聞かれたりします。
    どのような理由で、前の会社を退職したのかしっかりと理由を記載しなければなりません。
    職務経歴書にはかならず、退職した年と退職理由を記載します。このときの退職理由の書き方のポイントとしては、そのまま“退職した理由”を書くのではなく、“今後、何をするために、何をしたいと思って退職したのか”など、後ろ向きではなく前向きな表現をするようにしなければいけません。ダラダラとした理由になってしまう場合は、“一身上の都合”という書き方でも良いのですが、面接のときに必ず聞かれるのでちゃんと答えられるようにしておいてください。もし、リストラ、前の会社が倒産してしまった場合…など、会社の都合での退職の場合はそのまま事実を記載してもかまいません。
    もちろん、前の会社に対しての非難や愚痴などは絶対に記載しないようにしてください。

    話題の情報に興味をお持ちの方へ