• 植毛をおこなうなら投薬治療との併用がおすすめ

    植毛は一度手術を受けて発毛してしまえばその後は周囲の髪の毛と同じように生えては抜けて、抜けては生えてのヘアサイクルを繰り返しながら生え続けていくのでメンテナンスの必要がないと言われています。

    しかし、あくまで薄毛を心配しなくて済む部分というのは植毛を行った部分だけであり、植毛を行っていないほかの部分というのは放置していれば薄毛が進行することが考えられます。


    そのため、植毛をした部分だけふさふさな状態になり、それ以外の部分は薄くなってしまうという現象が起こる可能性もあるのです。

    マイナビニュースついてはこちらのサイトでご確認ください。

    もし髪の毛が生えているところがまばらになってしまった場合には、また薄くなってしまった部分も移植をしなければならなくなり、ますます費用がかさんでしまうことが考えられます。
    では、移植していない部分も薄毛にならないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか。
    それには、植毛と併用して投薬治療をするのがおすすめと言えます。



    投薬治療と言えば、AGAの原因となる5αリダクターゼ還元酵素を阻害する働きをするプロペシアや、血管拡張作用により発毛を促進するミノキシジルなどが有効だとされています。
    AGAは完治することはなく、そのまま何もせずに放っておけばどんどん進行してしまい、最悪の場合毛根組織が死んでしまい発毛できなくなることも考えられますので、そうならない前に早めに手を打つのが良いとされているのです。ただ、内服タイプの薬は全身に作用するため体に与える影響も大きいとされていますので、使用する際には自己判断ではなく医療機関の医師に相談した上で服用するのが望ましいと言えるでしょう。

    植毛を調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

  • 医療の常識

    • 薄毛は男性にとって代表的な悩みと言えますが、最近では年齢に関係なく10代や20代の比較的若い世代においても頭皮は薄いことに悩んでいる人は少なくないとされています。そのため、若いうちからAGA治療を始めることを検討する人は多くその中でも植毛を考える人もいるとされていますが、果たして若い世代であっても治療を受けることは可能なのでしょうか。...

  • 予備知識

    • 植毛は、基本的治療実績を積んだ医師が手作業で行っていくものですが、クリニックによってはロボットを使用して移植を行うこともあるとされています。植毛で有名な専門クリニックでは、ARTASという植毛専門のロボットを使用することがありますが、だからと言ってすべての作業をロボットで行うわけではないとされています。...

  • 医療の秘密

    • まだ若いのに髪が薄くなってきた、おでこが広くなった、など男性にとって抜け毛は大きな悩みの種です。若ハゲはAGA(男性型脱毛症)でもあるとされ、治療できる病院や専門のクリニックなども多くなってきました。...

  • 医療の秘訣

    • 植毛はミノキシジルやプロペシアなどの投薬治療の次に有効な薄毛改善法として注目を集めていますが、手術後にまた薄毛が再発するなんてことはあるのでしょうか。そもそも植毛というのは、自分の頭皮に自分の髪の毛から採取したものや化学合成繊維でできた人工毛を移植することで髪の毛を生やしたりボリュームアップしていく方法であり、特に最近では安全性が高く副作用や体への負担が少ない自毛植毛が主流となっています。...